赤かぶ検事奮戦記

思い入れ文

LAST UP DATA : 2005/4/24


話数 思い入れ文
1
2
3
4
5
6
7
8 5642さん
役者と、女優を志す付き人・隆子との関係。その関係が事件の鍵を握るわけですが、「隆子の心を開かせれば、事件は解決する」という、柊検事の確信を持った判断が、真相解明に導いたという感じがしました。
9
10 5642さん
「隠していた事実が新たな事件を呼び起こす」。目撃者の証言の信ぴょう性、「一寸先は闇」という真犯人の動機。幸せをつかもうとして、ある真実を知ってしまった真犯人の悲しみ。偶然その場に居合わせ、同情した目撃者。それを聞き、不謹慎と分かりつつも、法廷上で本音を漏らす柊検事。この事件の真相を考えると感情が思わず出たのではと思います。
11
12
13
14
15 5642さん
「心の迷い」。今回の事件の被疑者と、担当した柊検事の心理状態が実にそうだった感じがします。しかし、本当の意味で正しい道へ導くには「一瞬でも、非情になること」。対応としては冷たいように感じますが、これが一番良かったんでしょうね。「世間体などを考えることよりも、苦しむ人間を助けることが第一」だった。そこに気付いた早さが、事件を起こした被疑者と柊の違いだったのかもしれませんね。
16 5642さん
否認から一転しての自白。柊検事としては、なんともすっきりしない展開ででの起訴、公判。でも、調べていくうちに、長い間虐待に苦しめられた犯人の姿。さらに、場を変えても、虐待から逃れられず、トラウマに悩まれたことが犯行の背景にあった。そんな犯人の気持ちを踏まえた柊の温情求刑が良かったです。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー