篝警部補の事件簿

思い入れ文

LAST UP DATA : 2005/5/10


話数 思い入れ文
1 5642さん
篝警部補を演じる榎木孝明さんは、やっぱり「推理もの」ドラマが似合う俳優だなと思いました。これが「浅見光彦」に次ぐ当たり役になるのか、今後楽しみな気もします。内容としては、「ちょっとした情けが、苦しみを呼ぶ」。波乱に満ちた過去から抜け出し、幸せな生活を送ろうとして犯した秘密。しかし、被害者と加害者が待っていたのは幸せな未来ではなく、地獄が待っていた。ある意味、篝警部補も同情したい部分があったのではないでしょうか。でも、辞職を覚悟で事実を伏せたのは果たして良かったんでしょうかね(辞職は、ある形で結局は受理されなかったが)。
2 5642さん
愛する者を失った気持ち。婚約者を事件で失った篝刑事にとって、犯人に感情移入してしまう部分もあったのではないでしょうか。だから、事件を解決しても、すっきりとした気分になれなかったのも当然なのかなと思いました。でも、ラストで今回の事件のきっかけとなった男の事故死。「罪に対する罰から、逃れることはできない」と言う意味もあったのではないでしょうか。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー