西村京太郎トラベルサスペンス

思い入れ文

LAST UP DATA : 2004/9/25


話数 思い入れ文
1 ケンジさん
テレビ東京が初めての西村京太郎サスペンスをするのがとにかく面白い。小林稔持さん初めての亀井刑事の人情のいい味ですね、そして十津川警部の萩原健一さん、そして高橋刑事部長に若林豪さんといった豪華メンバーです。北海道から〜鹿児島までの日本1周のトリックの捜査の戦いが西村マジックのストーリーを見てすばらしいと思いました。

5642さん
シリーズ第1作目(2時間半スペシャル)として、「日本一周旅号」という作品をやったあたりは良かったんではないかと思います。出演者としては、主演の「亀井刑事」役に小林稔侍さん、「十津川警部」役に萩原健一さんというキャストも良かったです。でも、1作のみで「十津川」役が入れ替わってしまうとは、本放送当時、予想できませんでしたね。他にも、「高橋部長」役の若林豪さん、ゲスト出演の石立鉄男さんと「十津川警部」経験者が2人いたんですよね(さらに言えば、過去に「旅号」を映像化したときの十津川警部が、若林豪さんだったんですよね)。内容としては、事件の背景にある「薬の副作用による事故に関連した疑惑」。犯人たちが「疑惑とどのように関与しているか、狙いは何なのか」が終盤まで分からなかったところが印象に残りました。一方、犯人と疑いつつも、恋をしてしまった刑事、亀井と日下《坂上忍さん》。「シロ」と信じたい気持ちが最後まであったから、判明したショックは大きかったのではと思います。
2 ケンジさん
第2シリーズには、神田正輝さんが十津川警部として2代目に昇進しましたね。太陽にほえろのマカロニ刑事〜ドック刑事の太陽にほえろつながりです。はやぶさで東京から〜福岡の久留米での捜査で活躍そして、川島なお美さん演じるOLあかりと梨本憲次郎さん演じる原口との恋人関係を持っているのにそこに夫の復習にこの事件の黒幕が原口の妻役の三原じゅん子さんの久々な犯人役を見せたのでこの事件のトリックの解決だったから昔のフジテレビと同じドラマストーリーだったからです。
3 5642さん
亀井刑事が入院先の病院で聞いた犯行計画。自分の耳を頼りに捜査を開始する亀井。「幻聴」じゃないかと疑いつつも、十津川警部をはじめとして周りがバックアップする体制をしたのは、「彼の勘を狂いはない」と信じていたからではないでしょうか。調べていくうちに、「人間の弱さ」を利用した計画的犯罪であったこと。その「人間の弱さ」に対して、刑事としてやれる考えを犯人側に示していた、亀井だったように思います。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー