思い入れ文

LAST UP DATA : 2005/5/16


話数 サブタイトル 思い入れ文
1 似顔絵が暴く心の謎 5642さん
主役の仲間由紀恵さんといえば、「ごくせん」「トリック」という続編も制作された代表作があります。しかし、この「顔」と言う作品は、それらの作品とはまた違ったヒーロー像のドラマといえるのではないでしょうか。こういう仲間さんも見てみたいと、個人的には思いました(代表作2作品の方が、イメージが合っているのかもしれませんが)。内容としては、問題を起こして左遷された広報課の警官・瑞穂《仲間由紀恵さん》と、同じく問題を起こし県警へ異動してきた西島刑事《オダギリジョーさん》。この謎めいた2人が事件の核心へと迫っていく展開。お互い素顔を隠している印象の2人が、なぜかお互いの存在が気になっていく。絶対に気が合わないように見えるも、お互いに他の人と違う匂いを感じとったのかもしれませんね。
2 目立ちたがる容疑者・・・ 5642さん
強盗事件に絡んだ、情報の漏えい。その背景に隠された、事件関係者にまつわる様々な事。同僚の容疑が濃くなる中、なんとか救いたい瑞穂。それは逮捕ではなく、自首という形で立ち直るきっかけをつかませたいという彼女なりの優しさではないでしょうか。瑞穂自身の手柄だとかよりも、周りを先に考える。事件は逮捕だけで解決するものではないことを、彼女自身は理解している、というように感じました。「後味のいい事件なんてない」、ラストの捜査陣の会話にも出ていますが、それだからこそ、人の立ち直りのきっかけをつかませたい。職務上は冷たくても、人間の中身としては温かみは持っていたい。西島刑事や海老沢監察官《山崎一さん》の態度にもそんな部分が表れただけ、救いでしたね。
3 裏切られた愛を告発する似顔絵・・・ 5642さん
1枚の似顔絵をめぐって、失った面子と取り戻す面子。「警察は犯人を捕まえない限りスコアは0か、それ以下」、ラストの鶴田警部《益岡徹さん》のセリフにもある通り、結果優先でミスの許されないという意味では仕方がない現実なのかもしれない。しかし、必ずしもそれに納得しているわけではない人間もいるということ。そんな印象を受けた話でした。今まで、このドラマを見た限り、「対抗意識」というものが必ずしも良い結果を得られないんだなと感じました(もちろん、良い結果も得られるとは思いますけれどね)。ただ、個人的な私情だけは避けて欲しいかなとは思ってしまうんですけどね。
4 死刑囚の証言 5642さん
事件をめぐる死刑囚の証言。犯人を知る男がした偽証の真の目的、それは最後の親心だった。瑞穂の書いた似顔絵という形で娘に出会えた死刑囚。死を覚悟した男の最後の抵抗ともいえるわけなんですが、「自分が犯した罪への後悔」というか、取り戻せない過去に別れを告げたかったのかもしれませんね。
5 封印したはずの昔の顔 5642さん
悪い噂もある所轄のベテラン刑事・梶間の本当の姿。それはある事件を12年も一人で追いかける刑事の執念の姿だった。「火種を消そうと、自分の身を焦がした」、追ってる事件が解決しないがために起きた事件だけに、自らの責任を感じてしまったということなんでしょうね。その梶間の意を汲んだような、ラストの西島と瑞穂の取った策だったのではないでしょうか。
6 完全犯罪を狙う犯人の素直な自白 5642さん
出世欲というよりも、充実感。自分のため、誰かのために仕事をしているという達成感。警務課から捜査一課に異動となった加奈子《京野ことみさん》にとって、警官らしい結果を欲しかった(それは、第5話で尾行が上手くできなかったことも理由かもしれません)。しかし、単独行動よりもチームワークが求められる職場において、手伝いという形ではない新参者の加奈子が簡単に溶け込める場所ではなかったということなんですよね。それは時間が解決するのかもしれないが、瑞穂よりも劣っていると思う焦りが自分を見失ってしまいそうになる原因だったのかもしれません。ただ、「他人は他人。自分は自分でしかない」。彼女にも瑞穂にはない優れたモノを持っているのだし、まだそれを引き出していなかったに過ぎなかったんですよね。それを瑞穂がきっかけで、事件解決へとつながった。それに対して、事件の共犯と思われる人物は、何かを手に入れるために手段を選ばず、自分を見失った。その2人の対比が事件に対する明暗を良く表現していると思います。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー