お祭り弁護士・澤田吾朗

思い入れ文

LAST UP DATA : 2005/4/26


話数 思い入れ文
1 5642さん
「仕事は半人前だが、男気がある」。勤務先の法律事務所所長であり、義母である弁護士・神崎《野際陽子さん》が言った、娘婿である弁護士・澤田吾郎の印象。それは、確かに長所もあるが、短所もある。だけど、憎めない。それが彼の魅力なのかもしれません。しかも、参加するほどの祭り好き。だからといって、彼の焦点が仕事より祭りに行くわけではなかったですね(同じくらい好きなんでしょうけど)。内容としては、「家族の強い絆」。勤務先の不正を正そうとするも、盾に取られた家族を守ろうとした命がけの夫の行動。それに対して事の詳細を知らぬも、ただ夫を信じた妻。身寄りのない妻にとって、築いた家族を信じ守ることは夫と同じく命がけだった。その強い絆が澤田らを動かし、夫の真実を突き止めた。そう言ってもいい話だったと思います。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー