おみやさん
思い入れ文

LAST UP DATA : 2006/7/10


PART2-1st★ 5642さん


<PART-1>
話数 新聞用タイトル 思い入れ文
1 時効直前!二つの事件を結ぶ女 柴田緑さん
おみやさん(渡瀬恒彦)と組む事になった女性警官が、実は署長(谷啓)の娘と言うオチが笑えた。何だかんだ文句を言いながら、おみやさんについて行き、真実を見付けて帰ってきた迄は良かったが、翌日に結局不機嫌になる姿は苦笑いしてしまった。原作:石ノ森章太郎と東映のタッグは、かつての「仮面ライダー」の組み合わせだと言う事に気付き、思わずニヤリとさせられた。しかし、おみやさんって、結構モテモテなんだな。

5642さん
孤独なもの同士の暮らしで、家政婦と雇い主を超えた、家族みたいな関係になってきたと思っていた女性が、雇い主の息子(といっても、偽者でしたが)の出現により、関係が変わってしまったということが、犯行(少なくとも1人に関しては、正当防衛だと思いますが)につながってしまったという話で、女性がかわいそうな感じがしました。役に関してですが、鳥居刑事役の渡瀬恒彦さん、やっぱり刑事役がよく似合いますね。
2 時効直前 逃亡殺人犯を待つ女 5642さん
「時効なんて関係ありません。僕の中で罪は生きています。前と少しも変わらず、僕にのしかかっています。僕は自分の犯した罪を、一生背負って生きていくつもりです。」と、逮捕時に平井が言った言葉が印象的です。署に連行する前に、平井を祖母に会わせる鳥居刑事のやさしい面を見れて、良かった気がします。
3 時効直前 京ゆば料理に秘められた殺意! 5642さん
「勘違い」による動機の犯行という、悲しい話だったように思います。事件を解く鍵が、「湯葉料理」と言うのも面白いです。鳥居刑事が、犯人を自首と言う形で出頭させることが、元・同僚としての、せめてもの「情け」だったんじゃないかと思います。
4 時効直前 殺意に染められた美しき白い肌! 5642さん
ラストの、犯人の犯行を止めるためにした、鳥居刑事のとんでもない行動に驚きました(事件を解決できないまま、時効を迎えて、今回の事件が起きてしまった責任を感じたとしても、ちょっとやりすぎかなと思いますが)。
5 時効直前 謎の指紋に秘められた殺人連鎖! 5642さん
この話の事件の内容としては、結果的には、まったく印象の違う事件(この家とは無関係の子供の病死、被害者《妻》が加害者、犯人の正当防衛と言う別々の理由だったようだけど)になってしまったのは、意外でした。でも、この事件はどういう形で処理《送検》されたんでしょうね(子供がすり替わった件は、伏せたようですが)。
6 時効直前 罠にはめられた美人弁護士! 5642さん
護士の姉と、犯罪者の妹の話でした。犯罪を起こす原因となった、妹のキレる理由に、過去の事件を通して、姉との強い絆が出ていたのではと思います。姉が弁護をして、逆転無罪になった男が証言をした女性を襲い、責任を感じた姉に対して、「(弁護士として)仕事を全うしただけ」とミスを責めない鳥居刑事(おみやさん)のセリフが印象的でした。
7 時効直前 夜の祇園に消えた謎の女 5642さん
「嘘は絶対にいけない。しかし、人を守るための嘘は、許される時もある」と恩師・太田の言葉を引用して、時効寸前の容疑者・富樫に言う鳥居刑事の言葉の表現が良かったです。刑事としては、富樫を逮捕しなくてはいけないんでしょうが、あくまで人間として、自首を待つ姿勢をとる鴨川東署が印象的でした。
8  時効直前 未亡人誘拐の謎! 5642さん
「(人の)心を殺すことも、人を生き返らすこともできる。」とラストのセリフにあるように、言葉って大事なんだなと思いました。「真実を告げ、罪を償えば、止まってるあなたの時間は、必ず動き出す。」と犯人逮捕時に言う、鳥居刑事の言葉が良かったです。
9 三人の男に愛された女が呼ぶ殺意!

<PART-2>
話数 新聞用タイトル 思い入れ文
1 二つの証拠!追いつめられた美人刑事 5642さん
10年前の事件に対する、蓮見警部の「証拠のねつ造」。それは手柄を立てたいわけではなく、被害者の遺族の「断定された犯人を逮捕して欲しい」と思う熱意に負けてしまったことなど、刑事としてよりも、犯罪を憎む一人の人間としての思いが強かったということなんでしょうね。でも、10年前の事件解決の功績などで、女性警官の憧れの存在になってしまったことが、さらに、(ねつ造に対する罪悪感からか、)彼女自身を苦しめてしまったんではないかと思います。でも、鳥居刑事にすべてを話し、やっと、すっきりしたんでしょうね。
2 りんごウサギは見た!?疑惑の家族消失! 5642さん
15年前の一家消失事件。少女が一人取り残されたことから起こる悲劇の話でした。15年前、そして今回と「残される運命」を背負う女性・あかり。引き裂かれた親子関係を取り戻そうとしたことがかえって、さらなる悲劇を引き起こしてしまったことに、せつない感じがしました。
3 炎の中の三角関係!愛人の子を育てる女 5642さん
15年前の過ち(事件になるかは、分からないが)、その責任もあってか、夫と愛人の間にできた子を育てた女性・利恵。それは、意地もあったかもしれないでしょうね。それでも、その息子・良介との間で、心の中に何か(15年前の件が)引っかかっていたんだと思います。その後、真実を知ったことで、お互いに引っかかっていたものが取れたような、さらに、親子の絆(血は繋がらなくても)が強くなったような気がします。
4 娘に捨てられた母!?死を呼ぶ花嫁人形 5642さん
犯罪を犯した母・多恵、それを通報した娘・聡美。10年という歳月は、悪くなっていた親子関係を良い方向に変えていく、有意義な時間だったんではないでしょうか。それにしても、容疑のかかった多恵をかくまう判断を取った鳥居刑事。彼女が無実という根拠(それとも、刑事の勘)があったからだとは思いますが、ずいぶん大胆な行動を取ったなと思いました。
5 絵本に秘められた謎!?夫に言えない過去 5642さん
「事件の被害者が、実は共犯者」という話でした。10年前の事件の被害者・美佐子が子供に対して、「雪女」の話の違う結末(雪女は正体がばれて去ろうとするが、家族はそれを許し、その後も暮らしたという内容)を言い聞かせていたのは、自らがそうなりたい理想だったのかもしれません。それに対して、鳥居刑事のセリフ、「事件の償いをしたら、その結末に近づけるかもしれない」という意味だったのではと思います。
6 消えた女子高生の謎?旧校舎取壊し殺人 5642さん
七尾洋子《櫻井淳子さん》にとって、恩師(初恋の人でもある)と親友を疑うというのは、最後まで気が乗らない感じでしたね。でも、「警察官として続けるには、この場を超えなければならない」と思う鳥居。少し非情かもしれませんが、そのとおりだなとは思います。事件解決後、被害者の父にどういう報告をし、父親はどう納得したのでしようか。ラスト(報告後からのカットから始まった)を見る限り、真実を説明し、父親は犯人を責める気にはなれなかったんじゃないかと思います。
7 眼の前で恋人を殺された女!!殺意を呼ぶビラ配り 5642さん
今回の犯人の動機となった、5年前の事件に対する無念の思い。その事件を担当した大滝刑事《加勢大周さん》も責任を重く感じたと思います。初めて担当した事件に一応の決着がつき、大滝刑事としては、刑事としての本当のスタートが切れたんじゃないでしょうか。
8 紅い鈴の殺意!!失くした記憶に脅える女 5642さん
10年前にあった、父親の転落死事件で失った記憶。それが戻っても、決して犯人を責めることのできない娘。「隠し事をしてたら、幸せになれない」と鳥居刑事が言ってくれたことで、彼女も吹っ切れたのではないでしょうか。
9 京都石段殺人の謎!!同じ男を愛した姉妹 5642さん
10年前に起きた、妹の不審死の真相を知りたい姉の執念。やっと真相を知り、妹の無念さを理解して、悲しみがこみ上げてきたんでしょうね。また、不審死を「事件」として、きちんと捜査できなかった鳥居も、つらかったんではないでしょうか。
10 完全黙秘の女!不倫殺人事件14年目の真実!! 5642さん
父娘が背負った過去の事件に対する秘密。事件当時、小さかった娘にとっては、重荷だったのかもしれませんね。でも、そこまで隠しておきたい秘密。それは好きな父親への思いだったんでしょうか。それが、別の事件の犯人にされそうになっても。でも、父《小野寺昭さん》にとっては、さらにつらく感じたんでしょう。また、鳥居はその秘密を聞かされるも、父親をとても責める気にはなれなかったんだと思います。

<PART-3>
話数 新聞用タイトル 思い入れ文
1 容疑者に愛された女弁護士10年目の謎 5642さん
十年前の事件の裁判で、「クロ」だった被疑者を「シロ」にした責任。担当弁護士だった三沢にとって、被疑者と「同罪」だと思うのは当然なんでしょうね。しかし、それに気づいたのが、つい最近だった。証拠が出なかったわけですから、鳥居としては、彼女だけを責める気にはなれなかったのではないでしょうか。弁護士を辞めようとする彼女に対して、「(今までの経験は)きっと自分の糧になる。あなたなら(弁護士を)できると思います」と鳥居が励ましたこと。それによって、彼女の気持ちが、少しでも和らいだのではないかと思います。
2 祇園祭に消えた女!!母と言えなかった… 5642さん
鳥居の元・相棒、高村が刑事という職を捨て、自らの死をかけてまで守ろうしたもの。息子・おさむを捨てた母である、美由紀という女性を「犯罪者」にしたくなかった思い、刑事としてより、一人の人間としての気持ちが強かったんでしょうね。鳥居もその気持ちを汲んでか、美由紀を自首させる形にしたんでしょうね。一方、美由紀が「母親」と知った、おさむの反応。憎むどころか「(彼女が母親で)良かった」と彼は答えた。その言葉に、美由紀は救われたんではないでしょうか。
3 消えた殺人犯!!京嵯峨野の女 疑惑の10年 5642さん
10年前の孤児院で起きた事件の真相を隠す、美也子と竜一と理恵子。しかし、隠し続けたことがかえって、(新たな事件を引き起こし)3人を苦しめてしまった。自殺をはかろうとした美也子に対して「あなたの償い方、間違っています。本当に償うためには、2人(竜一と理恵子)の母親として生き続けることと、罪をつぐなって2人と生き直すこと」と語る鳥居。その言葉に、昔の七夕で短冊に書いた願い(「ずっと一緒に暮らせるように」)を美也子は思い出して、とどまったのかもしれませんね。
4 悲劇の完全犯罪!!高級メロンに脅える女 5642さん
2人の女性が貯めていた、夢のための共同貯金。1人の男によって、めちゃくちゃに壊されたことが、14年前の事件の犯行(というよりは、過失っぽいが)の動機だった。それだけに、犯人よりも事件の引き金となった男の方が許せないと、鳥居は思ったんでしょうね。ラストで男を2発殴るシーン。2人の人間が死に至ったのに、男がそこまでの重い罪に問われないことに対する、鳥居自身の強い怒りだったのではないでしょうか。
5 泣いた祇園の悪女!4歳児の絵が暴く!! ケンジさん
8年前の夫殺しの謎そして刺した男が逃走で帰ってきた真理子(中島ひろ子)さんが夫を叉刺してしまったから息子に秘密にしてしまったので妻が犯人にするとは思わなかったですよ。

5642さん
8年前の事件の背景に隠された真実。家に押し入った偶然の強盗が、血のつながらない息子・威を虐待から救うために、母親・万里子が犯行をするきっかけとなってしまった。格式高い家に後妻として入った万里子。家からは「不釣り合い」と短期間で追い出されるも、威との親子の絆は、実の親子以上に強かったってことなんでしょうね。威としては、「母親としてだけじゃなく、一人の(恩人である)女性として慕っていた」。それだけに、今度は自分が恩返しをしたかった。「(万里子を)捕まえないで」と鳥居に頼む威。でも、「逃げてる方がつらい」と答えた鳥居。それで、威は「本当の意味で、彼女を救うにはどうしたら良いか」が分かったのではないでしょうか。
6 9年後の連続殺人!幻の曲を弾く女!! 5642さん
被害者でミュージシャンの秀行を愛した2人の女性、里香子と初音。彼の身勝手さが、悲劇を招く結果となった。でも、犯人(どちらとは書きませんが)をもう一方の女性が決して責めなかったこと。それは、親友や同じグループ(秀行も同じグループ)の関係だけでなく、もしかしたら、立場が逆になっていたかもしれないというか、同情すべき点があったのでしょうね。逮捕・連行する前に2人で、秀行の「幻の未完成曲(遺作)」の演奏をさせたこと。犯人をすっきりさせた状態で連行するための、鳥居の配慮だったのではと思います。
7 生存者1名!完全犯罪の女!!空白の30分
8 消えた目撃者!手作りカレーに泣く女!! 5642さん
8年前の事件の背景にあった、断絶した親子関係の修復。でも、罪を償わず隠している状況では、良い親子関係は本当の意味では築けない。鳥居はそう感じたのではないでしょうか。だから、息子の罪をかぶろうとした母親に、「(実行犯である息子が)自ら罪を償う時期が来ている。それを止めずに、正直な道を行かせること。それが母親」と言ったのではと思います。
9 8年前の医療ミス!?女性記者が落ちた罠 5642さん
医療ミスが発端となった事件で、犯人の疑いをかけられた新聞記者・宮田の失踪。娘・典子としては、同じ新聞記者の立場で、事件の追究と父の無実を証明したかった。しかし、悲しい形(死)で証明され、真犯人も「・・・(犯人の名前)」。典子としては、真犯人がまさか「・・・」とは思いたくなかった。でも、鳥居は宮田に対する言い方で、「・・・」を疑い始めた。結局、そのわずかな言葉遣いが事件解決に結びついた気がします。
10 消えた家族写真!噂の名医に殺意の瞬間 5642さん
医師・西岡孝行が7年前の事件の犯人に対する治療中、思いがけない形で知った娘・真帆の消息。そのために、親心が彼の医者としての腕を鈍らせ、その後の人生を大きく変えてしまった。その後、「娘に対する償い」のつもりで、真帆らをかばっていた孝行に、鳥居が「逆に見放しているだけ」と言い放ったこと。「本当の償いはそんなものじゃないというか、娘を本当の意味で助けられるのは父親しかいない」という意味も込めてだったのではと思います。事件をきっかけに、良い父娘関係がこれから始まっていくというようなラストは、良かったです。
11 逃亡犯が残した歌!?危険な愛を選んだ女 5642さん
被害者の淡い初恋,思わぬ再会(ひき逃げ事故)、事故の加害者と思われる初恋の男の秘密(罪)。被害者・由香利にとって、事故による後遺症と同等のショックだったのかもしれません。それでも、「好きな人であることに変わりない」ということ。一方、加害者と思われた男・中村には「根っからのワル」ではない、心優しい部分があった。でも、由香利の恋心を知らず、その想いをふみにじりそうだった中村の態度に、鳥居は許せなかった。その姿勢がラスト付近のシーンに出た感じだったんでしょうね。
12 京都祇園白川殺人事件!! 5642さん
死にたくないと思っていた山岡の娘、「死なせてくれ」と言って、今も生き続ける真美。同じ病院で見た2人の女性の運命による皮肉。その後、真美を偶然助けたことから始まった、山岡の転落への歯車。でも、山岡にとって、死んだ娘と同じ年頃だった真美を救いたい、ただ一心だったのかもしれません。「(真美が)幸せになるために、自分が悪人になってもかまわない」という気持ちで、死と引き換えに真美を守ろうとした。やり方は間違っていたが、山岡のやさしさを真美の口から聞かされた彼の妻や鳥居も理解してくれたんではないでしょうか。

<PART-4>
話数 新聞用タイトル 思い入れ文
1 幸せ建築家の罠!カナリアが呼ぶ殺意 5642さん
第4シリーズとなりましたが、共演者は不動のメンバー。鳥居が村井・刑事課長に「過去の事件資料の大切さ」を熱く語るのも相変わらずと、鑑識課の桂子が鳥居が好きでアタックするのも相変わらず。洋子が鳥居家に入り浸るのも相変わらず。相変わらずの部分が多いからこそ、話の内容に視点を集中できるという感じがしますね。内容としては、過去の恋、完全に断ち切れぬ恋。「離れていても、どこかでつながっている」愛情。結ばれるだけが、愛情ではない。しかし、それが周囲の嫉妬を招く。今回の話である、2つの事件の真相。それには、人間の気持ちのすれ違いが悲劇を呼んでいる感じがしました。
2 母と子殺意の瞬間!!人気女流作家の二重疑惑… 5642さん
「命の代償」。どんな理由(正当防衛に近いとも見えるが、)であれ、人の命を奪った罪の重さ。それはいくら償い続けても、簡単には消えないという「罪の罰」でもある。そのために犠牲にしてしまった親子関係、それは愛する我が子のために親がしてしまった罪に対する、連帯責任だったのかなとも思えました。
3 消えた遺書が招く連続変死!!家族に捨てられた父 5642さん
鳥居が苦手なタイプとしている男・森本《梅沢富美男さん》に、捜査の勘を狂わされたといっていい話。内容としては、「人をかばう名誉の死か、人に認めてもらいたいと思う苦労の生き方か」のどちらが、人間としてのきれいな生き方なのか。でも、名誉の死とは言えない。自己満足に過ぎず、かばわれた方としては「都合のいい死」にしか感じない。残された遺族にとって、「悲しい死」に過ぎない。それよりも生きることがどんなに大事か、一生懸命に生きることで伝わる何かがきっとあるはず。森本(本当の名前はありますが、)の今の生き方は、そういう期待を持たせる生き方なんじゃないかなと思います。
4 白い花を憎む女!!無罪を拒否する殺人者 5642さん
今回のゲストの一人である、宮下裕治さん。デビュー作である単発ドラマ「刑事」(2000年)は見ました。それから、5年。この作品で見せる演技は、彼の成長をうかがわせましたね。ドラマの内容としては、20年前の事故によって、「助かった一つの命」と「失ってしまった一つの命」。一人の命と引き換えに助かったという罪悪感が、一人の男《宮下裕治さん》にとって重荷となってしまう。「失った人の一生は、自分の一生で償う」、言葉で表現するのは簡単だが、行動で表現することは難しい。それが100%遺族側に伝わるのかは分からない。悲しみは人それぞれ、決まった年月で消えるものではないのだから。悲しみを和らげることぐらいしかできないのかもしれない。でも、何かで謝罪の気持ちを示さなければいけない。気持ち的に追い込まれていたという事でしょうね。しかし、罪をかぶることがそれに当たるのか。結局、誰かが苦しむのではないのか。今回の鳥居は、事件をきっかけに、両方の側を救いたい。そういう思いで捜査に当たったのではないかと思います。
5 切ない縁結び…14年間見守り続けた男

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


PART1 PART2 PART3 PART4 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー