パートタイム探偵

思い入れ文

LAST UP DATA : 2005/1/30


話数 思い入れ文
1
2 5642さん
「親は自分の子のために命を賭ける」、それが誤った方向に出てしまったという事件の話でした。偶然の親子の再会がもたらしてしまった、復讐への決意。それは「ある親子に人生を翻弄された、もう一つの親子」というもの。その復讐を親が全部背負った、子供を捨てた自らの罪滅ぼしのために。「親の愛情は子に計り知れないものがある」、確かに周囲が理解しがたいもの。その気持ちが分かったのは主婦である、パートタイム探偵・典子《松坂慶子さん》だった。「子を想う親の気持ち」は、自分の家庭を持った経験がないと分からないのかも知れませんね。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー