多摩南署刑事・近松丙吉

思い入れ文

LAST UP DATA : 2005/4/26


話数 思い入れ文
4 5642さん
3つの事件の背景にある、不運の重なった交通事故。「運が悪かったでは許されない」、娘の死に対する「抑えきれない悲しみと怒り」が犯人を復讐へと駆り立てた。担当した近松刑事も自分の子を事件で亡くした過去から、犯人の気持ちはよく分かったのでしょうね。しかし、彼は復讐を思い止まり、乗り越えた。それは、「無念の思いで死んだ子の想いを背負って、生き続けることが子の供養になる」、ラストで犯人に言っていた一言はこういう事だったのではないかと思いました。でも、もう少し前に近松が犯人に出会えていれば、犯人の凶行は止められたのかもしれませんね。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー