津軽海峡ミステリー航路

思い入れ文

LAST UP DATA : 2005/5/10


話数 思い入れ文
4 5642さん
身代わりになった自首と、妨げられた自首。「犯罪を犯した人間は、付かなくてもいい嘘を付く」、嘘が二重の偽装と犯人を暴く。青柳刑事がその嘘をどこで見抜くか。そこまでに至る展開が面白かったです。一方、一生降ろすことのできない、つらい思い出と償い。そのことが、ある父娘の良好な関係を改めて問い直す。隠し続けることが必ずしも、人を幸せにするとは限らない。確かに、つらい過去は忘れたい部分もあるかもしれない。でも、忘れずに背負い続けることが、今を生きる意味で何かの教訓や戒めになっているかもしれない。今回の内容を見てると、そう感じましたね。

思い入れ文の投稿フォームはこちらです。


放送リスト 思い入れ文TOP
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー